ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターがコンビニで買えるのにお勧めできない理由

ナチュラルミネラルウォーターは手軽に飲める

 

ナチュラルミネラルウォーターって体に良さそうですよね?

 

 

 

あなたがいつもコンビニで買っているあのミネラルウォーターも、実はナチュラルミネラルウォーターだったりするんです。

 

 

 

なのでナチュラルミネラルウォーターって、手軽に体に取り入れやすい

 

 

 

でもカンタンに買えるけれど、あまりお勧めできない内容もあるんです。

 

 

 

食品衛生法の決まりからきていることでもあるんですが、これがちょっと問題。

 

 

 

その点について、分かりやすく説明していきますね。

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターとはどんな水?

 

 

おすすめできない話に入る前に、ナチュラルミネラルウォーターについてちょっと解説。

 

 

僕らがいつもミネラルウォーターって呼んでいる水は、4つに分類されるんですね。

 

 

厚生労働省のガイドライン

(農林水産省「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」より)

 

 

 

 

・・・うーん、よく分かんないですね。

 

 

 

1つずつ分かりやすく説明しますね。

 

 

 

 

 

ナチュラルウォーターとは?

 

ある特定の水源(場所)で汲み上げられた地下水がナチュラルウォーターです。

 

 

名前についてないように、ミネラルは含まれていません

 

 

行える処理方法としては、ろ過・沈殿・加熱殺菌のみに限られます。(それ以外はボトルドウォーターに分類)

 

 

ざっくり言ってしまえば、ふつーの「自然の水」ですね。

 

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターとは?

 

ナチュラルウォーターと同じようにある特定の水源(場所)で汲み上げられた地下水ですが、地中でミネラルが水に溶け込んでいるものがナチュラルミネラルウォーターになります。

 

 

行える処理方法としては、ろ過・沈殿・加熱殺菌のみ。

 

 

人工的にミネラルを足したり成分を調整したりすることのない、自然のおいしさを味わえる水です。

 

 

 

 

 

ミネラルウォーターとは?

 

ミネラルウォーターも元はナチュラルミネラルウォーター。

 

 

ただ、ナチュラルミネラルウォーターは管理が難しくコストもかかるため、水の品質を安定させるために手を加えたものです。

 

 

具体的には、

 

  • ミネラルの調整
  • 複数のナチュラルミネラルウォーターをブレンド
  • ろ過・沈殿・加熱殺菌・オゾン殺菌・紫外線殺菌

 

など。

 

 

人工的に手を加えているためナチュラルが無くなって、ミネラルウォーターという呼び名になっています。

 

 

 

 

ボイルドウォーターとは?

 

原水が地下水以外の水、または地下水であっても成分を大きく変化させるために、人工的な手を加えたものうぃボイルドウォーターと言います。

 

 

RO(逆浸透膜)フィルターで除菌しているような水が該当します。

 

 

 

 

この4つを図解すると、下図のようになります。

 

 

 

【ミネラルウォーターの分類】

ミネラルウォーターの種類

 

 

 

 

コンビニで手に入るナチュラルミネラルウォーターはどれ?

ナチュラルミネラルウォーターはコンビニで買える

 

一般的に購入できるナチュラルミネラルウォーターといえば、

 

 

  • い・ろ・は・す
  • おいしい水 六甲
  • おいしい水 富士山
  • 南アルプスの天然水
  • 阿蘇の天然水
  • 富士山のバナジウム天然水 など

 

 

僕らがいつもミネラルウォーターって呼んでるお水です。

 

 

なのでナチュラルミネラルウォーターを飲みたいなら、コンビニに行けば簡単に手に入ります。

 

 

 

ただ、ペットボトル入りのナチュラルミネラルウォーターは気を付けてほしいことがあります。

 

 

 

 

それは異物混入

 

 

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターは安全ではない可能性がある

 

 

これが、冒頭で話したお勧めできないポイントです。

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターはペットボトルに充填される前に、数秒の加熱殺菌をする工程があります。

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの加熱殺菌工程

(い・ろ・は・す「加熱殺菌工程」より)

 

 

 

 

じゃ、安心だよね?と思ってしまうんですが、そうでもないんです。

 

 

 

 

 

というのもカビなどの微生物は数秒程度の加熱では死滅しないから。

 

 

 

実際、こんなミネラルウォーター回収のニュースってちょくちょく目にしませんか?

 

 

 

ペットボトル飲料水にカビ、14万本回収…西日本中心に22府県130店舗で販売

 

 

「い・ろ・は・す 塩れもん」回収=カビ混入で31万本−コカ・コーラ

 

 

 

 

 

でも、ちゃんと検査してるんじゃないの?

 

 

 

たしかに検査はしていますが、ミネラルウォーターは検査項目が少ないんです。

 

 

 

ぶっちゃけ・・・、

 

 

 

 

 

検査がゆるい!

 

 

 

 

水道水には、

 

 

  • 必ずクリアするべき水質基準項目(51項目)
  • 管理上留意するべき水質項目(26項目)

 

 

という77つの検査項目があります。

 

 

 

それに対してミネラルウォーターには、厚生労働省の食品衛生法で39項目でいいことになっているんです。

 

 

 

なので、水道水より検査が少なくて済む。

 

 

 

年に何回か、ミネラルウォーターのカビや異物混入で回収騒ぎがあるのは、こういった理由からです。

 

 

 

 

 

ミネラルウォーターには元々細菌やカビがいる

 

 

 

これ、衝撃だと思うんですけど、

 

 

 

ミネラルウォーターには元々カビや微生物が含まれているんですね。

 

 

 

 

 

ただ、普通は問題になる程は含まれていないだけ。

 

 

 

 

 

時として大量に入ってしまった場合には、運送や店舗での保管時に繁殖してしまうなんてこともあるんです。

 

 

 

・・・で、回収騒ぎになっちゃう、みたいな。

 

 

 

 

 

まぁー、大人ならお腹を壊す程度ですむと思います。

 

 

でも体の小さい子どもや抵抗力の弱いお年寄りなんかだと、影響は大きいかもしれません。

 

 

 

なので、ペットボトルだから安心って盲目的に飲んじゃうのはちょっと危険です。

 

 

 

 

 

 

じゃ、どうすればナチュラルミネラルウォーターを安全飲めるか、お話ししますね。

 

 

 

 

 

安全なナチュラルミネラルウォーターを飲むにはどうればいい?

ナチュラルミネラルウォーターを安全に飲むには


手軽に買えて、すぐに飲める。


でも、年に数回程度はカビや異物混入で回収騒ぎになる。



そんなナチュラルミネラルウォーターは、いつあなたの手にしているペットボトルにカビが繁殖するかなんてわからない・・・



そんなときの防衛策として、

  1. 未開封の状態でペットボトル内に異物が無いか確認する
  2. 開封したら早めに飲み切る
  3. 検査の厳しいナチュラルミネラルウォーターだけ飲む


という3つの点を意識してみてください。




未開封の状態でペットボトル内に異物が無いか確認する


ペットボトルのナチュラルミネラルウォーターを開ける前に、ペットボトルに異物がないか確認してください。


回収騒ぎになるときも、利用者からの申告で発覚するわけですから。


無色透明で何も入っていなければ大丈夫でしょう。




開封したら早めに飲み切る


開封したナチュラルミネラルウォーターには、細菌がどんどん入っていきます。


なので、1本を長い時間かけて飲んでいると、雑菌が繁殖してしまう危険性があります。


キャップを開けたらできるだけ早めに飲み切ることを心がけてください。




検査の厳しいナチュラルミネラルウォーターだけ飲む


上記で挙げたよく目にするナチュラルミネラルウォーターは厚生労働省の定めた検査のみしています。


正しい検査内容ではありますが、消費者からするともう少し厳しくしてほしい・・・


なので、検査の厳しいナチュラルミネラルウォーターを選別して飲むというのも良い方法です。




検査が厳しいことで有名なのは、プレミアムウォーター




プレミアムウォーターは、ナチュラルミネラルウォーターを非加熱処理で利用者に届けています。



なので、加熱殺菌するよりも厳しく検査しているんです。



なぜ、加熱殺菌しないのか?



それは水に熱を加えることで、ナチュラルミネラルウォーターに含まれる溶存酸素が失われてしまうからです。



溶存酸素量が多いほど口当たりがやさしく、まろやかなお水になるからです。


せっかくのナチュラルミネラルウォーターの美味しさが熱殺菌で失われてしまうんですね。


そのためプレミアムウォーターでは非加熱処理にこだわっているんです。





ナチュラルミネラルウォーターを安全に飲めるプレミアムウォーターの厳しい検査

プレミアムウォーターのウォーターサーバー

 

プレミアムウォーターでは汲み上げたナチュラルミネラルウォーターをボトルに充填するまで、各工程ごとに検査をしています。

 

 

【プレミアムウォーターの生産工程と検査】

 

1.天然水を地下から汲み上げる

 

 

ナチュラルミネラルウォーターを汲み上げる

 

プレミアムウォーターの原水は、ボトル工場の敷地内に掘られた井戸から汲み上げられています。

 

 

この水はボトルに詰められる飲み水としてだけでなく、充填前のボトルを洗浄するためにも使われています。

 

 

洗浄と充填を同じ水に統一することで、水の品質を一定に保てるんです。

 

2.微細フィルターで徹底的に除菌

 

 

ナチュラルミネラルウォーターをフィルターで除菌

 

汲み上げられたナチュラルミネラルウォーターは配管を通して、無菌のクリーンルームに運ばれ除菌の工程に進みます。

 

 

プレミアムウォーターでは加熱殺菌はしていません。

 

 

それは、前述したように、天然水本来の味を利用者に届けるため。

 

 

 

なので、4段階以上のフィルターを順番に通して徹底的に除菌。

 

 

さらに、人間の目・鼻・口で検査を行い、安全な水にしているんです。

 

3.丁寧に除菌した水をボトルに充填

 

 

ナチュラルミネラルウォーターをボトルに充填

 

内部洗浄した新品のボトルに不純物や雑菌を除去した水を充填していきます。

 

 

で、このボトルですが・・・

 

 

プレミアムウォーターはボトルを自社工場で製造しているんです。

 

 

ボトルを自社工場で製造

 

 

ふーん、で?

 

 

 

って声が聞こえてきそうですが、基本的にボトルはペットボトルメーカーで製造されたものを購入するウォーターサーバー会社が多いです。

 

 

 

なぜ、プレミアムウォーターが自社でボトルまで作っているかというと、清潔なボトルを安く手に入れるため。

 

 

購入品でもまかなえそうですが、自分たちで作ったものなら自信をもって「安全」って言えますからね。

 

 

 

ちなみに、ボトルの原価を抑えられるので、製品の値段を安くできるっていうユーザー側のメリットもあります。

 

4.最終検査

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの最終検査

 

ボトルに充填されたナチュラルミネラルウォーターは、異物の混入はないか、キャップはきちんと閉まっているかなど1本1本目視でチェックが入ります。

 

 

プレミアムウォーターでは各工程で水質検査が行われますが、最終の検査室で行われる検査は1日十回以上

 

 

一般的なミネラルウォーターの基準をさらに厳しく行い、微生物検査、理化学検査、官能検査が行われます。

 

 

この時に数値をみるだけじゃなく、実際の水を臭ったり、口に含んで問題ないかという所まで徹底して行っているんです。

 

 

もし、検査が甘くてカビが発生しているかもしれないなんてことがあるなら、怖くて口に入れるなんてできませんからね。

 

 

プレミアムウォーターの検査が厳しいのがよく分かります。

 

 

 

なので、プレミアムウォーターではカビなどの異物混入で回収なんて一度もなし!安心して飲めます。

 

 

 

しかし、だれでもプレミアムウォーターが合うという訳じゃありません。

 

 

 

ダメ こんな人はプレミアムウォーターに向いていません。

 

・水をほとんど飲まない人
・水の品質にこだわりのない人
・お腹の丈夫な人(笑)

 

 

 

最後のは冗談ですが、1日の水分摂取量に無頓着な人や水道水でいい、という人にはプレミアムウォーターは向きません。

 

 

 

 

でも、ナチュラルミネラルウォーターを

 

 

  • 本来の味で飲んでみたい
  • 安心して飲みたい
  • お得に飲みたい

 

 

ということなら、プレミアムウォーターはおすすめです。

 

 

詳しくは公式サイトで確認できるので、興味があれば参考にしてください。

 

 

プレミアムウォーターのお申し込みはこちら