ナチュラルミネラルウォーター 赤ちゃん

赤ちゃんにナチュラルミネラルウォーターを飲ませちゃダメって何で?

赤ちゃんにナチュラルミネラルウォーターを飲ませてはダメ

 

ミネラルウォーターは赤ちゃんに飲ませちゃダメ!

 

 

 

水道水は残留塩素や汚染が怖いから、赤ちゃんには安全な水を飲ませてやりたい。

 

 

そう思った矢先に、ミネラルウォーターNG説が目に飛び込んできます。

 

 

僕も子どもが生まれた時に同じことを考えて落胆した経験があるので、よーく分かります。

 

 

 

そのまま飲ませないとしても、ミルクの調乳とかで使いたいですもんね。

 

 

 

 

じゃ、ナチュラルミネラルウォーターならいいんじゃない?

 

 

 

・・かというと、そうカンタンなことでもないんです。

 

 

 

重要なのはナチュラルかナチュラルじゃないかではなくって、別のところにあるんです。

 

 

 

僕も同じ道を歩んできたので、調べてたことをシェアしますね。

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターを赤ちゃんに飲ませられるかの判断基準

赤ちゃんにナチュラルミネラルウォーターを飲ませられるか

 

赤ちゃんに飲ませられるかどうかの前に、ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターの違いについて。

 

 

ナチュラルが付いている・いないで分かるように、

 

 

  • ナチュラルミネラルウォーター = 自然のミネラルが含まれている
  • ミネラルウォーター = 人工的なミネラルが含まれている

 

 

 

厳密に言うともっと細かい違いがありますが、ざっくり言うとこんな感じです。

 

 

 

同じミネラルでも自然から含有されたものの方が、口当たりが優しくてまろやかなのが特徴です。

 

 

 

 

 

で、話を戻します。

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターを赤ちゃんに飲ませていいかどうかの判断は、水に含まれるミネラルの量が決め手になります。

 

 

 

水の「硬度」って聞いたことがあると思うんですけど、水に含まれるミネラルの量によって「軟水」と「硬水」に分けられます。

 

 

 

赤ちゃんに飲ませていいのは軟水です。

 

 

 

 

赤ちゃんにナチュラルミネラルウォーターの軟水なら飲ませていい理由

 

 

 

赤ちゃんは内臓器官の発達が未熟なため、ミネラルを分解する力が弱いんです。

 

 

過剰に摂取してしまうと内臓に負担がかかって、下痢や便秘などの症状がでることがあります。

 

 

ミルクや離乳食で1日のミネラル摂取がまかえるようになっているので、別でミネラルを摂らなくてもいいという理由からミネラルウォーターがだめだといわれているんです。

 

 

これが、赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませちゃいけないと言われるようになった理由です。

 

 

 

 

でも、軟水ならいい理由というのは、ミルクを作るときに推奨されている水道水にもミネラルが含まれているからです。

 

 

 

地域によって水道水に含まれるミネラルの量は異なりますが、だいたい60〜120mg/Lの硬度があります。

 

 

 

粉ミルクを製造販売する明治でも、水道水でちょうどいいミネラルバランスになると書かれています。

 

 

 

粉ミルクは国内の水道水で溶いた時に母乳にできるだけ近くなるように設計されています。水道水で溶いた時、赤ちゃんの発育に必要なミネラルがバランスよく保たれることになります。

 

 

 

なので、ミネラルウォーターをつかう場合には120mg/L以下の硬度で使えばいいということです。

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターってどんなものがある?

ナチュラルミネラルウォーターの種類

 

軟水のミネラルウォーターであれば、赤ちゃんのミルクにも使えることが分かりました。

 

 

じゃ、どんなナチュラルミネラルウォーターが軟水なのかというと、

 

 

品名 硬度
い・ろ・は・す 28mg/L
南アルプスの天然水 30mg/L
六甲のおいしい水 32mg/L
富士山のバナジウム天然水 29mg/L

 

 

 

コンビニでも買えるので、便利です。

 

 

ただ、よくよく調べていくと、ペットボトルに入っているナチュラルミネラルウォーターは注意が必要なことが分かったんです。

 

 

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターを赤ちゃんに飲ませるときの注意点

ナチュラルミネラルウォーターを飲ませるときの注意点

 

ペットボトルに入っているナチュラルミネラルウォーターでは、

 

 

  • カビなど雑菌の繁殖
  • 発がん性物質の含有

 

 

 

この2つの危険性があることが分かったんです。

 

 

まず1つ目「カビなど雑菌の繁殖」から。

 

 

北陸コカ・コーラボトリングは21日、甲信越と北陸で販売したペットボトル入り清涼飲料「い・ろ・は・す 塩れもん」(555ミリリットル)の一部にカビが混入していたとして、約31万2000本を自主回収すると発表した。

 

 

 

ときどきニュースで見ることないでしょうか?

 

 

 

 

ま、たいてい「ふーん、大変だね」と聞き流しちゃうと思いますが。

 

 

 

 

実は、あなたが赤ちゃんに飲ませようとするナチュラルミネラルウォーターにも起こりえることなんです。

 

 

 

何故かというと、ミネラルウォーターの水質基準の甘さにあります。

 

 

 

水道水は水道法に基づいて、ミネラルウォーターは食品衛生法に基づいて水質検査の基準が作られているからです。

 

 

 

水道水の検査項目は、必ずクリアするべき水質基準51項目と管理上留意するべき26項目の合計77項目の検査項目があります。

 

 

これに対し、ミネラルウォーターには39の検査項目しかないんです。

 

 

しかも、基準値もゆるい。

 

 

ミネラルウォーターと水道水の検査項目

 

 

 

項目も少ないし、数値も基準が甘くなっているんです。

 

 

 

 

なので、さっき言ったようなカビの繁殖で回収のニュースが流れたりするんです。

 

 

 

「そういえば、前にもあったような・・・」って思う事ありません?

 

 

 

これからも定期的というか不定期というか、回収騒ぎがあることは間違いないでしょう。

 

 

 

僕たち大人ならお腹を下すくらいで済むでしょうが、体の小さい赤ちゃんには1滴も飲ませたくないんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

 

赤ちゃんにも安全なナチュラルミネラルウォーター選びのポイント

ナチュラルミネラルウォーターを選ぶポイント

 

赤ちゃんにも安心して飲ませられるナチュラルミネラルウォーターを選ぶには、

 

 

  • 軟水であること
  • 検査基準が厳しいこと

 

 

これが条件になります。

 

 

 

 

軟水であること

 

 

赤ちゃんに飲ませていいのは硬度120mg/L以下の軟水です。

 

 

ナチュラルミネラルウォーターを飲ませるときには硬度を確認して与えれば大丈夫です。

 

 

また、海外製のミネラルウォーターは硬水が多い傾向にあるので、注意してください。

 

 

 

 

検査基準が厳しいこと

 

 

ミネラルウォーターのカビ報道などを見ると不安は尽きませんし、検査自体をしていないという事であれば、また起こる可能性は高いです。

 

 

なので、安心してナチュラルミネラルウォーターを飲ませようと思うなら、検査基準の厳しいメーカーを選ぶ必要があります。

 

 

しかし、ミネラルウォーターメーカーは、国の基準にのっとって行っているのでどこも同じと考えられます。

 

 

公的な検査項目より厳しくしているのはプレミアムウォーターです。

 

 

 

cadoウォーターサーバー

 

 

 

プレミアムウォーターってどんなサービスをしているの?

 

プレミアムウォーターはナチュラルミネラルウォーターをボトルに詰めて自宅まで配送してくれるウォーターサーバーの会社です。

 

 

通常、加熱殺菌で済ませる工程をあえて非加熱で微細フィルターでの除菌にし、微生物検査、理化学検査、官能検査を1日十数回行っています。

 

 

その後、検査員が実際のナチュラルミネラルウォーターをにおって、飲んで確かめるほどのこだわりっぷり。

 

 

 

 

なので、全国52万世帯以上で愛飲されているんです。

 

 

市販のナチュラルミネラルウォーターとは違い、安心して冷水を飲める上に温水まで出るんですから便利の一言。

 

 

 

 

ただ、冷水・温水にするための電気代がかかってしまうのがデメリットではあります。

 

 

でも、コンビニで買うより安い水単価(500mlあたり77円〜)と電気ポットと同じくらいの電気代(月約620円〜)と家計の負担にはなりません。

 

 

 

また、赤ちゃんをお持ちの家庭にのみ特別に500ml当たり64円で利用することも可能。

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターを赤ちゃんに飲ませたいと考えているなら、下記公式サイトより詳細を確認してみてください。