ナチュラルミネラルウォーター ミネラルウォーター 違い

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターはどこが違う?

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターはどこが違う

 

 

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターの違いって何ですか?

 

 

 

いきなり聞かれたら、「何となく違うものっぽい気はするけど、よく分からない」という回答になるんじゃないでしょうか?

 

 

名前も似てますし、普段はコンビニやスーバーで売られているペットボトル入りの水は、「ミネラルウォーター」っていうことがほとんどですからね。

 

 

でも、ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターには明確な違いがあります。

 

 

 

ペットボトルに入って売られているからといってナチュラルミネラルウォーターではない

 

天然水だからといってナチュラルミネラルウォーターでもない

 

 

 

んー、よく分かりませんね。

 

 

 

詳しく見ていきましょう。

 

 

 

 

 


ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターの違いを解説

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターの違いを解説

 

 

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターの違いを簡単に言うと、ミネラルが自然のものか人工的なものかの違いです。

 

 

 

カンタンに説明すると、

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーター

 

 

ある特定の水源で汲み上げられた地下水のことで、地中でミネラルが水に溶け込んでいるもの。

 

 

自然のそのままのミネラルが入っている水のことです。

 

 

ペットボトルに充填する前に出来る処理は、ろ過・沈殿・加熱殺菌のみになります。

 

 

 

 

ミネラルウォーター

 

 

もともとはナチュラルミネラルウォーターだったものに、ミネラルを調整したりブレンドした水の事。

 

 

人工的に手が加えられているので、ナチュラルじゃないんです。

 

 

ペットボトルに充填する前に出来ることは、ろ過・沈殿・加熱殺菌・オゾン殺菌・紫外線殺菌と項目が増えます。

 

 

 

 

 


ナチュラルミネラルウォーターとナチュラルウォーターの違いはなに?

 

 

じゃ、ナチュラルミネラルウォーターとナチュラルウォーターの違いはというと、ミネラルが含まれているかいないかの違いになります。

 

 

天然水だからといっても、自然のミネラルが溶け込んでいない場合もあるってこと。

 

 

普段イメージから、〇〇の天然水っていうと、ミネラルたっぷりって感じがしますよね?

 

 

でも、〇〇の天然水という名で販売されていてもミネラルを含んでいないケースもあるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターはどっちがいいの?

ナチュラルミネラルウォーターとミネラルウォーターはどっちがいい

 

 

ナチュラルミネラルウォーターにしろミネラルウォーターにしろ、ミネラルは含まれています。

 

 

どっちの方がいいとか優れているということではなくって、好みになります。

 

 

 

自然に溶け込んだナチュラルミネラルウォーターは、味わい深くてとっても美味しい。

 

 

 

逆にミネラルウォーターは水に含まれる成分を数値化して、含まれるミネラルの量をバランスよく調整しているので、効率的にミネラルを摂ることができます。

 

 

 

日本には、1000種類以上のミネラルウォーターが販売されているそうです。

 

 

 

ミネラルを摂取することも重要ですが、せっかくならあなたの口に合うミネラルウォーターを探してみるのもいいんじゃないでしょうか?

 

 

 

また、中にはナチュラルミネラルウォーターでも口当たりが苦いとか硬いという水に出会うこともあるでしょう。

 

 

 

それは水の硬度が関係しています。

 

 

 

硬度の高い・低いによって体に得られるメリットも変わるので、それぞれの特徴を知っておいても損はないと思いますよ。

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの硬度の違いによるメリット・デメリットに関する記事はこちら⇒