ナチュラルミネラルウォーター 硬度

ナチュラルミネラルウォーターの飲みやすさやおいしさの違いは何?

ナチュラルミネラルウォーターのおいしさ

 

 

コンビニやドラッグストアにいけば様々な種類のナチュラルミネラルウォーターが手に入る現代。

 

 

パッケージが違うだけで中身は同じかと思ったらそうでもない。

 

 

「〇〇の天然水はおいし〜」「〇〇って水は喉を通らない!」など、飲み比べてみると違いもありますからね。

 

 

この違いはナチュラルミネラルウォーターの硬度によるものです。

 

 

 

そもそも硬度ってなに?
水に硬い・柔らかいなんてあるの?

 

 

で、その硬度がどんな風に影響するの?

 

 

 

 

 

色々と疑問が出てくると思います。

 

 

分かりやすく紹介します。

 

 

 

 

 

 


ナチュラルミネラルウォーターの硬度って具体的に何?

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの硬度というのは、水に含まれるミネラルの量が多いか少ないかです。

 

 

  • ミネラルの量が多い=硬水
  • ミネラルの量が少ない=軟水

 

 

という事になります。

 

 

ナチュラルミネラルウォーターというのは自然の地層を通ってろ過される段階で、岩石から溶け出したミネラルが水に溶け込んでいるものです。

 

 

僕たちが一般的にミネラルウォーターというのは、このナチュラルミネラルウォーターになります。

 

 

なので、人工的にミネラルを加えているものは単なるミネラルウォーターになります。

 

 

 

水の硬度は数値で表すことができ、水に含まれるミネラルの量が0〜120mg/Lであれば軟水、120mg/L以上であれば硬水になります。

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの硬度

(WHO(世界保健機関) 硬度の定義)

 

 

 

では次に、硬度が違うことの影響について解説します。

 

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの硬度によって何が違う?

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの硬度にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

 

 

硬水(120mg/L以上)のナチュラルミネラルウォーターのメリット・デメリット

 

 

硬水のメリットには、

 

 

  • 便秘の改善
  • 新陳代謝の促進
  • 脂肪吸収を抑制

 

があります。

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの硬水のメリット

 

 

 

便秘の改善

 

 

硬水は胃腸に刺激を与えて活動を活発にする作用があります。

 

 

そのため便秘の改善につながる効果が期待できるので、便秘に悩む人が好んで飲まれます。

 

 

 

 

 

新陳代謝の促進

 

 

水を摂取することで新陳代謝が促されますが、ミネラルの多い硬水は基礎代謝が上がり脂肪を燃焼しやすい体質作りに役立ちます。

 

 

 

 

 

脂肪吸収を抑制

 

 

カルシウムには脂肪吸収を抑制する働きがあります。

 

 

そのためカルシウムの多い硬水の摂取は脂肪の吸収を抑えてダイエットに効果が期待されます。

 

 

 

 

 

逆に硬水のデメリットとして、

 

 

  • 胃腸に負担がかかる
  • 苦みがあり口当たりが固く飲みにくい

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの硬水のデメリット

 

 

胃腸に負担がかかる

 

 

胃腸を刺激し便秘の改善につながりますが、逆に言えば刺激が強いということ。

 

 

もともと胃腸の弱い人が飲むと下痢をしやすく体調を崩してしまう場合があります。

 

 

 

 

 

苦みがあり口当たりが固く飲みにくい

 

 

ナチュラルミネラルウォーターって健康に良さそうなイメージがありませんか?

 

 

なので、ミネラルが多ければ多いほど良さそうって思うもの。

 

 

でも、単純にそうとも言い切れないんですね。

 

 

ミネラルの中でも特にカルシウムやマグネシウムが多いと、水に苦みを感じたり水に硬さを感じることがあります。

 

 

そのため、「喉を通りにくい」「飲みにくい」ということもあります。

 

 

 

 

軟水(0〜120mg/L以下)のナチュラルミネラルウォーターのメリット・デメリット

 

では逆に、軟水のメリットとデメリットにはどのようなものがあるんでしょうか?

 

 

 

軟水のメリットには

 

 

  • 胃腸に負担が少ない
  • 口当たりが優しく飲みやすい
  • 赤ちゃんにも安心

 

 

 

ナチュラルミネラルウォーターの軟水のメリット

 

 

胃腸に負担が少ない

 

 

硬水とは逆に軟水は胃腸への負担や刺激が少なく、体へ吸収されやすいです。

 

 

喉が乾いている、乾燥しているというときには軟水の方が早く水分が補給できます。

 

 

 

 

 

口当たりが優しく飲みやすい

 

 

軟水は口当たりがやさしく飲みやすいです。

 

 

日本で採水されるミネラルウォーターはほとんどが軟水のため、日本人の体に合っているとも言えます。

 

 

 

 

 

赤ちゃんにも安心

 

 

赤ちゃんは内臓の発達が未熟なため、ミネラルを分解する力が弱いです。

 

 

過剰にミネラルを摂取すると下痢や便秘になったり、ひどい場合には腎疾患になることもあります。

 

 

ミルクを作る際などは、ミネラルの少ない軟水で作ると体に負担もかかりません。

 

 

 

 

軟水のデメリットはミネラルが取れないという点くらいです。

 

 

ミネラルは毎日一定量は取らないといけないものですが、水だけでなく食事でも摂取できるものです。

 

 

現代人はミネラルの摂取不足と言われているので、意識して摂るようにするといいですね。